[PR]

 5日に投開票された東京都知事選には過去最多の22人が立候補し、多様な訴えを展開した。しかし上位3人を除いては、得票が有効投票総数の10%に達せず、供託金300万円は没収となる。主要政党に属さない独立系候補は、勝ち目が薄い選挙になぜ立ったのか。

 ベンツを改造した選挙カーを運転して主要駅をめぐり、演説だけでなく、歌やダンスを披露した西本誠氏(33)。金髪に白い特攻服、「スーパークレイジー君」と書かれたたすきを身につけた。10年ほど銀座のクラブで働き、「若者に選挙に興味をもってほしい」と出馬した。

特攻服を着た西本氏は「選挙は、はまる」と言われた意味がわかったそうです。主要5候補以外の候補者は独自の選挙戦を戦いました。その訳は…

 選挙戦終盤の3日夜には、東京…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら