[PR]

 東京都知事選の投開票日だった5日、立憲民主党の枝野幸男代表が自身のツイッターで、候補者の名前を思わせる「#宇都宮」のハッシュタグをつけてツイートしたことがインターネット上で批判を浴びている。

 ハッシュタグは、その言葉がついたツイートを検索できる機能。枝野氏は自らの出身地・宇都宮市の名物のギョーザを取り上げ、「仙台でも東京でも餃子(ギョーザ)専門店を探したが見つからず」などとつぶやいた。

 公職選挙法は、投票日当日の選挙運動を禁じている。このツイートに対し、同党が都知事選で支援した元日弁連会長の宇都宮健児氏を連想させるとして、「政治利用」「姑息(こそく)だ」など批判的なコメントがネット上で飛び交った。

 宇都宮のギョーザを巡っては、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら