[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が6日、第79期将棋名人戦・B級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の2回戦で橋本崇載八段(37)に85手で勝ち、開幕2連勝とした。連続昇級に向けて一歩前進した。

 対局は東京都渋谷区の将棋会館で行われ、中盤でポイントを稼いだ藤井七段が名人挑戦権を争うA級順位戦に在籍した経験もある橋本八段の反撃をしのいだ。藤井七段は「これからも厳しい戦いが続くので、気を引き締めていきたい」、橋本八段は「気がついた時にはまずいと思った。将棋のスピードが違い過ぎた」と話した。

 順位戦はA級を始めとしてクラスが五つあり、B級2組は真ん中に当たる。藤井七段は前期、C級1組で10戦全勝を果たして昇級。順位戦はこれで13連勝となった。(村瀬信也