[PR]

 5日投開票された東京都知事選で、次点の候補者に280万票余の差をつけ、現職の小池百合子氏(67)が圧勝した。朝日新聞社が実施した出口調査によると、すべての年代別の得票率で、小池氏が他候補を大きくリードした。投票する際に最も重視したことを「リーダーシップ」「経歴や実績」と答えた人の7割から得票していた。

 調査は5日に60投票所で実施し、2755人から有効回答を得た。

 小池氏への年代別の得票率をみると、70歳以上が65%と最も高く、10代の61%、50代の57%、60代の56%、20代の49%、30代の47%と、すべての年代で支持を受けていた。男女別の得票率では、女性の支持が61%で比較的厚かった。

 元日弁連会長の宇都宮健児氏(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら