[PR]

 山梨県山梨市の日下部記念病院が、広報誌「ふえふき川」を一新した。表紙の写真は、この病院のソーシャルワーカーで写真家の井原純平さん(32)の作品だ。思わず手にとりたくなるようなデザインで、病院と地域の人たちをつなぐことを目指しているという。

 日下部記念病院はJR山梨市駅から徒歩7分、笛吹川ぞいの市街地にある。精神科と老年精神科があり、心の病のほか認知症の治療とケアにもあたっている。

 広報誌は年4回発行している。最新の5月号の表紙は、井原さんが1月に米ロサンゼルスで撮影した写真で構成した。街角のビルの落書きや夕日が落ちる海原、遠くを見やる女性のまなざしが印象的だ。

 中身も改革した。これまでは主…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら