[PR]

 公園の休憩スペースなどにある「あずまや」が倒壊する事故は全国で相次いでいる。朝日新聞が調べたところ、2018年以降少なくとも9基が支柱の腐食や災害の影響で倒れていたことが分かった。

 死傷者が出たのは3件。岡山市で昨年5月、公園のあずまやが強風で倒れて20代男性が2週間のけがを負った。市によると、原因は支柱の腐食。点検は不定期で、外観を目視するだけで、最後の点検は事故の約2カ月前だったという。

 地震や台風といった災害で倒壊するケースも目立つ。18年の胆振東部地震で大きな被害を受けた北海道厚真町では、揺れの影響で公園の1基が倒れた。このほか同年の台風によって、北海道当別町や沖縄県沖縄市でも倒壊した。

 遊具の製造業者などでつくる業界団体は、「子どもの事故が起きやすい遊具に比べて、安全面への配慮が欠けがちになっている」と指摘する。

 背景にあるのは、あずまやを管…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら