[PR]

 新型コロナウイルスの影響で困窮する学生に国が最大20万円を支給する「学生支援緊急給付金」で、近畿大は7日、74人に計1150万円が二重給付されていたと発表した。

 近畿大によると、通学課程の学生を担当した学生部が、1209人分の推薦データを日本学生支援機構に送った。一方、通信教育課程の学生を担当する通信教育部も、1593人分を送信。その中に学生部が送った992人が重複して含まれており、うち74人に二重に支給された。残りの918人については、同機構のシステムが同一人物と認識し、二重支給は避けられた。

 学生4人が6月26日、「振込額が思ったより多い」などと大学側に連絡して発覚。近畿大は同機構に二重給付分を全額返金するとともに、対象の学生たちにも返金を求めていく。