[PR]

 7日午後2時半ごろ、岐阜県高山市清見町大原の林道で、「土砂の中に人の足が見える」と同市職員から110番通報があった。

 県警高山署によると、現場に駆けつけた警察官が、崩れた土砂の中から一部白骨化した成人とみられる遺体を確認した。署が身元や死因を調べている。現場は、国道472号沿いにある道の駅「パスカル清見」から東へ約2キロの地点。高山市には、警戒レベル4に相当する土砂災害警戒情報が発令されている。