拡大する写真・図版ボブ・ディラン=ソニーミュージック提供

[PR]

 ボブ・ディランの8年ぶりとなるオリジナルアルバム「ラフ&ロウディ・ウェイズ」の日本盤が7月8日に発売された。豊かなイメージが連鎖する壮大な詩は、神や死の世界に接近し、ときに悩み、恐れ、強がり、血の匂いがするほど攻撃的になるが、近づいてのぞきこめば、真意は風に舞い、消えていく。近年の作品でもトップクラスに深遠で、雲をつかむような作品だ。

拡大する写真・図版「ラフ&ロウディ・ウェイズ」のアルバムジャケット=ソニーミュージック提供

ギターからキーボード、そして再びギターへ

 前作の「テンペスト」(2012年)は、シェークスピアの最後の作品と同名だったことから、ディランにとっての最後のオリジナル作品になるとささやかれていた。事実、新曲は途絶えていた。だが、沈黙を破り、3月に新曲「最も卑劣な殺人」(Murder Most Foul)をリリースすると、立て続けにシングルをリリースし、あれよあれよとアルバム発表までこぎつけ、世界中を驚かせた。作り手としてのディランの現在地は、じわりと次のステージへと進んでいた。

 00年代以降のディランと言え…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら