[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が16日、第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)第4局で渡辺明棋聖(36)=棋王、王将とあわせ三冠=に勝ち、シリーズ成績3勝1敗で、初タイトルを獲得した。17歳11カ月でのタイトル獲得は史上最年少記録。屋敷伸之九段(48)が1990年に記録した18歳6カ月を塗り替えた。

 幼い頃から藤井七段を見守ってきた師匠の杉本昌隆八段(51)は「もう一つ、挑戦中の王位のタイトルも手にするようなことがあれば、藤井時代の幕開けと言っていいかもしれません」という。杉本八段に、藤井七段の強さを聞いた。

――藤井七段が、ついに初タイトルを獲得しました。

 よくぞ、ここまで成長したな、という思いです。

――ずいぶん前からタイトル獲得を予想していたのですね。

 必ず、いつか、タイトルを獲(と)る、というのは確信していました。ただ、タイトル挑戦、タイトル獲得の最年少記録を打ち立てるまで早いとは、想像以上でした。

――藤井七段は2019年11月19日、第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社・毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦の最終戦で広瀬章人八段(33)=当時は竜王=と対戦。勝者が挑戦権を獲得するという大一番で、藤井七段は惜敗しました。

 王将戦で負けた時、最年少記録の更新は、ちょっと難しくなったのかなと思っていました。記録更新の可能性があるのは、事実上、棋聖戦だけになりましたから。さすがの藤井七段といえども、苦しいのではないかな、と思いましたね。

 それに、追い打ちをかけるように、コロナ禍の影響で4~5月、遠距離移動を伴う対局が延期となりました。藤井七段は棋聖戦で一次予選、二次予選を突破し、決勝トーナメントの準決勝まで進出していましたが、対局延期のため、準決勝と決勝の対局がいつ実施されるか分からない状況になりました。最年少記録は、さすがに、あきらめざるを得ない、と私は思っていました。

――6月に入って、遠距離移動を伴う対局も再開されると、準決勝で佐藤天彦九段(32)、決勝で永瀬拓矢二冠(27)=叡王・王座=と連破して、史上最年少の17歳10カ月20日でのタイトル挑戦を決めました(従来の記録は、屋敷伸之九段が1989年に記録した17歳10カ月24日)。

 ギリギリの日程を組んでいただ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら