「核なき世界」願って 米国の被爆2世、被爆者を撮る

有料会員記事核といのちを考える

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 核兵器の廃絶をうたう核兵器禁止条約の採択から3年を迎えた7日、新たに太平洋の島国フィジーが条約を批准した。発効に必要な50カ国の批准まであと11カ国。広島育ちで被爆2世の竹内道(みち)さん(64)は、世界の核兵器の4割を保有する米国で、「核なき世界」の実現に向けた活動を続けている。

 竹内さんはニューヨーク在住のコンサルタント。2015年からはプロデューサーとして、13歳で被爆したサーロー節子さん(88)=カナダ在住=の核廃絶に向けた活動を映像で撮り始めた。3年前に国連で核禁条約が採択された場面も収めている。

 完成した映画のタイトルは「ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに」(83分)。竹内さんは「新型コロナウイルスは、『命のもろさ』を思い知らせた。そんなときだからこそ、核兵器の残虐性についても目を向けてほしい」と訴える。

 1974年に渡米したが、長…

この記事は有料会員記事です。残り531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]