[PR]
大志 藤井聡太のいる時代 鮮烈編
〈同時昇級へ、和装の「勝負服」で師匠は挑んだ〉〈11年前の覇者「この子と真剣勝負か」〉 ――藤井七段の素顔と戦術に迫りました。記事後半には、アイマスクをして詰将棋を解く藤井聡太七段の動画も紹介しています。

 2018年12月9日。囲碁将棋チャンネルが主催する「将棋プレミアムフェス」が、名古屋市のホテルで盛大に開かれた。藤井聡太七段が地元・愛知で特別対局することもあり、定員800人のチケットは完売する人気だった。

 前半は藤井七段と師匠の杉本昌隆八段らによるトークショー。質問コーナーでは2人の女性が指名された。最初の1人は「思い切ってお尋ねします。好きな女性のタイプは。具体的に教えてください」。藤井は「一番困る質問が来てしまった……と思うんですけど。現段階ではまだ保留でお願いします」とさわやかに受け流した。

 もう1人は、自宅で出るとうれしいメニューを質問。

藤井は「キノコ以外はなんでも…

この記事は有料会員記事です。残り9437文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り9437文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り9437文字有料会員になると続きをお読みいただけます。