[PR]

 防衛省は7日、自民党国防議員連盟(会長・衛藤征士郎元防衛庁長官)の会合で、航空自衛隊の主力戦闘機の一つ「F2」の後継機に関し、機体担当企業の選定と契約を早ければ10月にも決定することを明らかにした。2024年度に試作機をつくり、31年度から製造を開始。F2が退役し始める35年ごろからの配備を目指すという。

 防衛省は会合で、機体担当企業の選定・契約について、随意契約なら10月、総合評価方式なら来年1月に決めるというスケジュールを示した。契約の方式は7月末までに決める。

 政府は、米国と共同開発を進め…

この記事は有料会員記事です。残り217文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。