[PR]

 秋田県大仙市西仙北地域の住民や行政が一体となった地域活性化事業で、地元の湧き水などの原材料を使ったクラフトビール(地ビール)「大綱麦酒(おおつなビール)」が製造され、6日から販売が始まった。名称は、地元の重要無形民俗文化財の「刈和野の大綱引き」にちなむ。

 地元産の土産として、日本酒「大綱の響」やいぶりがっこがあるが、夏場に向け、湧き水を利用したビールを造れないかと市民から提案があり、実現した。

 主体となった大沢郷地域おこし組合は、史跡保存団体や自治会、農業法人で構成。共助による活気あるまちづくりに取り組む。

 使った湧き水は、延命の水とし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース