[PR]

 コンビニ店「オレボステーション」などを運営する大津屋(本社・福井市)は、福井市と鯖江市にある計9店舗にマイナポイントの支援窓口を設けた。マイナンバーカードの取得や、マイナポイントの申し込みなどの手続きを手伝う。

 マイナポイントは、政府がマイナンバーカードを持つ人に最大5千円分のポイントを配る事業で、1日に受け付けが始まった。カードの普及や消費の喚起、キャッシュレス決済の拡大などが狙いだ。

 具体的には、今年9月から来年3月までに電子マネーやクレジットカードなど、キャッシュレスで買い物やチャージをすると利用額の25%分が、5千円分を上限にポイントで還元される。ポイントをもらうには、多くのキャッシュレス決済から一つを選んで買い物をする必要があるため、顧客獲得のきっかけにしようと各社がポイントの上乗せ還元などを打ち出している。

 大津屋は福井市と連携し、9店…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら