[PR]

 暗闇の中でホタルのように光るキノコ「シイノトモシビタケ」が、和歌山県すさみ町の森に生えているのを、大阪府阪南市の田原幸子さん(78)が撮影した。

 湿度の高い時期に、シイの倒木などに生えるキノコで、かさの直径は1~2センチほど。暗くなると淡い緑色の光を放ち、「森の妖精」と呼ばれる。

 田原さんは今月2日、夫の敬夫さん(81)とすさみ町の海辺の森へ出かけ、デジタルカメラで撮影した。

 フィルムカメラが趣味だった2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら