[PR]

 7日午後3時25分ごろ、神戸市長田区川西通1丁目の路上で、「車の中で男性2人がぐったりしている」と通行人から110番通報があった。兵庫県警によると、軽ワゴン車から60~70代ぐらいの男性2人が意識不明の状態で病院に運ばれた。車内に計約300キロのドライアイスが積まれていたといい、県警は二酸化炭素中毒と低体温症になったとみて調べている。

 長田署によると、2人は市内の製氷会社の関係者で、ドライアイスを業務で運んでいたとみられる。それぞれ運転席と助手席に座り、車の窓は閉まった状態だったという。ドライアイスは数十個に分けられ、それぞれ紙に包まれていた。

 長田署はドライアイスの安全管理に問題がなかったかなど、業務上過失致傷容疑を視野に状況を調べている。