[PR]

 ぎりぎりで生計を立ててきた1人親家庭が、新型コロナウイルスの影響に苦しんでいる。我慢させている子どもに申し訳ない、貯金が底をついた――。4月末から新潟県内のフードバンクが連携して始めた緊急対策。取材すると、支援を受ける人たちの厳しい「現実」が浮かび上がった。

     ◇

 6月末の日曜日夜、県フードバンク連絡協議会の副会長を務める山下浩子さん(51)は、県央地域の会社員女性(44)宅を訪ねた。持参した段ボール箱には缶詰やドレッシング、コーラなどが詰まっている。

 「とても助かります。子どもが喜んでて」

 「いくらでも言…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら