[PR]

 世界で4千頭以下とされる野生のトラの生存に、道路建設が大きな脅威になっているとの研究結果を米ミシガン大などのチームが発表した。

拡大する写真・図版ネパールの国立公園にすむ雄のトラ。生息地の近くで道路拡張や鉄道敷設の計画があるという=カーターさん提供

 ニール・カーター助教授らは、トラが生息するアジアの13カ国で建設された道路のデータベースを分析。重要な76カ所のトラ保護区だけでもすでに13万4千キロの道路があり、道路から5キロ以内に繁殖地の43%と保護区の57%が入っていた。道路密度や道路からの距離と種の豊富さなどを比べた結果、道路がトラや餌の動物を20%以上減少させていると判断できたという。

拡大する写真・図版ネパールのトラ生息地で、新しい道路のために小さな道が広げられていた=カーターさん提供

 道路は地域住民が必要とし、今後も多くの建設が見込まれる。特に中国は一帯一路構想などによるアジア開発で2050年までに2万4千キロ以上の道路を保護区にひこうとしているとされる。

拡大する写真・図版ネパールの国立公園で闇夜に現れた雄のトラ。近くを通る片側1車線の道路を片側2車線に広げる計画がある=カーターさん提供

 だが建設により、動物が交通事…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら