[PR]

 東京都大田区のマンションの一室で6月、女児(3)が飢餓と脱水で死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の居酒屋従業員梯(かけはし)沙希容疑者(24)が以前にも、女児を1人自宅に残し、たびたびパチンコや飲み会に出かけていたことが捜査関係者への取材でわかった。5月には鹿児島県に3日間滞在していたという。

 事件では8日間にわたり同県に住む知人男性と一緒にいたことが判明しており、警視庁は、放置が常態化していたとみて事件の経緯を詳しく調べている。調べに対し、梯容疑者は「死ぬとは思わなかった」と供述しているという。

 捜査1課などによると、梯容疑者は6月上旬、2人暮らしの長女の稀華(のあ)ちゃんを自宅に放置して衰弱させ、容体が悪化しても医師の診断を受けさせず、十分な食事も与えないまま死亡させた疑いがある。居酒屋で知り合った男性に会うため同5日から鹿児島県を訪問。13日に帰宅し、119番通報したという。

 捜査関係者などによると、梯容疑者は約3年前に稀華ちゃんの父親と離婚し、保育園に通わせながら働いていた。しかし、1年以上前に保育園の利用をやめてから稀華ちゃんを自宅に置いて仕事に出かけるようになり、勤務後に友人と飲食したりパチンコしたりして、帰宅が未明になることもあったという。警視庁は、さらに5月に3日間留守にしても問題がなかったことから行動をエスカレートさせた可能性があるとみている。