外パリ中とろの新アイス よつ葉がねらう家庭需要

有料会員記事

芳垣文子
写真・図版
バータイプの新しいアイス「至福のミルク」=札幌市中央区
[PR]

 北海道の乳業メーカー「よつ葉乳業」(札幌市)が7月から、道内でバータイプのアイスの販売を始めた。名付けて「至福のミルク」。外側はホワイトチョコ、中はアイスとミルクソースが楽しめる。同社は業務用乳製品が主力だが、家庭用の新商品で新たな活路を目指す。

 2018年4月にカップタイプのアイスクリームを発売したが、バータイプのアイスは同社では初めてだ。至福のミルクは外側はホワイトチョコレートでくるまれており、パリッとした食感。中にはなめらかなミルクアイス、さらにその中からマスカルポーネでコクを出した別の濃厚なミルクソースが現れる三層構造になっている。アイス部分によつ葉牛乳、ソースやチョコにも道産乳原料を使用している。

 同社によると19年度の全国…

この記事は有料会員記事です。残り275文字有料会員になると続きをお読みいただけます。