[PR]

 気象庁は8日正午前、岐阜県と長野県に出していた大雨特別警報を大雨警報に切り替えた。両県では大雨のピークは過ぎたとみられるという。ただ、切り替え時点では岐阜県の飛驒川で氾濫(はんらん)が起きているほか、長野県の犀川などで氾濫の恐れがある水位を超えており危険な状態だという。

 切り替えの前に開いた記者会見で、国土交通省の高村裕平・河川環境課長は「川の下流は水位のピークが後からくる。これまでの雨で山も湿潤な状態になっている。引き続き警戒をしてほしい」と話した。