[PR]

 8日午前3時半ごろ、東京都千代田区富士見2丁目の公園沿いの植え込みで、制服姿の警察官が頭から血を流して倒れているのを通行人の男性が発見し、110番通報した。倒れていたのは警視庁第5機動隊の男性巡査長(25)=東京都新宿区=で、頭に1カ所貫通する傷を負って病院に搬送され、意識不明の重体。そばで拳銃が見つかっており、同庁は自殺を図ったとみて調べている。

 麴町署によると、巡査長は近くの朝鮮総連前で警戒にあたる勤務中で、休憩のため別の隊員と交代し、1人で待機場所の車両に戻る途中だった。拳銃はつりひもで腰の帯革につながれた状態で、1発発射されていたという。遺書などは見つかっていないという。