[PR]

 菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、九州を中心とした豪雨被害について「激甚災害に指定する見通しだ」と述べた。閣議決定して実際に指定されると、被災自治体が復旧事業を行う時に国から財政的な支援を受けられる。

 菅氏は「被災地の早期復旧、復興のためには、被災自治体が財政面で不安を持つことなく、早期に事業を実施することが大事だ」と語った。すでに内閣府と関係省庁が指定に向けた調査を始めている。週内にも具体的な対象地域や措置を公表する見通しだ。