[PR]

 内閣府が8日発表した6月の景気ウォッチャー調査で、現状判断指数(季節調整値)が前月より23・3ポイント高い38・8となった。上昇幅は、比較可能な2002年1月以降で最大。新型コロナウイルスの感染拡大前の今年1月(41・9)に迫る水準まで回復した。緊急事態宣言の解除で経済活動が再開されたのを受け、「街角の景況感」は持ち直している。

 この調査では、全国の商店主やタクシー運転手など、景気に敏感な職業の人に景況感を尋ねている。今回は6月25~30日に調査し、1834人から回答を得た。(山本知弘)