【動画】ともに歌うアイヌの未来 ウポポイ開業へ=日吉健吾、戸田拓撮影
[PR]

 北海道白老町のポロト湖畔に完成した国立の「民族共生象徴空間(愛称・ウポポイ)」が12日から一般公開を始めた。ウポポイとはアイヌ語で「(大勢で)歌うこと」という意味。存続の危機にある先住民族アイヌの文化の復興・発展を目指す日本初の国立施設で、アイヌ民族博物館、民族共生公園、慰霊施設の三つで構成されている。それぞれを分かりやすく紹介する。

拡大する写真・図版「ウポポイ」=2020年6月22日、北海道白老町、ドローンで日吉健吾撮影(9枚の写真をつなげたパノラマ撮影)

 博物館の正面玄関から足を踏み入れると、壁や窓ガラスのあちこちにあしらわれているアイヌ文様が目を引く。アイヌ服飾研究家の津田命子(のぶこ)さんがデザイン監修をしたものだ。

 エスカレーターで2階に上がると、左手にはポロト湖が広がる。奥へと向かう廊下には、世界の先住民族が、映像で登場する。世界におけるアイヌ民族の位置づけを理解してもらおうという趣向だ。

 その奥の右手に基本展示室があ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら