[PR]

 間久部少佐率いる火の鳥調査隊が出発した翌朝、犬山元帥から「総裁! た、大変です! 火の鳥調査隊にマリアが……楼蘭の笛吹き王女マリアが、ま、ま、紛れこんでおりましたッ!」と電話がかかってきた。

 何、王女マリア……? その名を聞き、私の脳裏に遠い記憶が蘇(よみがえ)ってきた。

 あれは、一回目の世界……。ある夜、探検隊の大滝雪之丞が憔悴(しょうすい)した姿で砂漠から帰り、こんなうわ言を言ったのだ。(美しい王女がいた……マリアさんだ……“火の鳥”を守っていた……。あの心優しい乙女を……俺は殺した!)と。さてマリアとはこの人物のことか? いったいなぜ我々の調査隊に紛れこんだ……?

 私は車を出し、日本軍のビルに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら