「コトリ会議」新作 コロナ禍越え 伊丹・アイホールで

有料会員記事新型コロナウイルス

増田愛子
[PR]

 関西を拠点に活動する劇団「コトリ会議」が、新作「晴れがわ」を10~13日、兵庫県伊丹市のアイホールで上演する。新型コロナウイルスの影響で、5月下旬まで臨時休館していた劇場にとり、再開後初の公演だ。

 月面で死ぬと「羊人間」に生まれ変わることができる、不思議な世界が舞台。一組の男女が心中を図るが、男だけ生き残る。「死は怖いことではないという感覚が、僕の中にはずっとあった。普段の生活を描いてもイメージできないが、とっぴな場所では書きやすいセリフがたくさんある」と作・演出の山本正典。

一般当日3300円など。チケットは劇場(072・782・2000)。

■コロナ禍で感じた 近寄るこ…

この記事は有料会員記事です。残り419文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]