[PR]

 昨年7月の参院選をめぐり、票の取りまとめを依頼する趣旨で地元議員らに現金計約2900万円を配ったとして、東京地検特捜部は8日、前法相の衆院議員、河井克行容疑者(57)=自民党を離党=と妻で参院議員の案里容疑者(46)=同=を公職選挙法違反(買収)の罪で起訴した。

 昨年7月の参院選に向けて、自民党本部は広島選挙区の2議席独占を狙って河井案里議員(46)側に1億5千万円を支出していた。「過去最大級」(党関係者)と言われ、買収資金との関連に注目が集まった。

 党関係者によると、党本部から昨年4~6月、案里議員が代表の党支部に計7500万円の入金があり、克行議員が代表の支部には6月に4500万円の入金があった。この計1億2千万円は税金が原資の政党交付金だった。さらに、克行議員の支部に党の一般会計からも3千万円が入った。

 一方、案里議員陣営の参院選の収支報告書によると、支出は約2700万円。約300万円は公費から、残りの約2400万円は案里議員の支部からの寄付で賄ったとされる。党本部からの1億5千万円からこの約2400万円を差し引くと、約1億2600万円が残る計算になる。

 陣営関係者によると、公示前か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら