[PR]

 自民党外交部会の中山泰秀部会長らは8日、首相官邸で菅義偉官房長官に対し、中国の習近平(シーチンピン)国家主席の国賓訪日について「党外交部会・外交調査会として中止を要請せざるを得ない」などとする決議を提出した。菅氏は「しっかりと真摯(しんし)に受けとめる」と応じたという。

 決議は中国が香港での反体制的な言動を取り締まる「香港国家安全維持法(国安法)」を施行したことを非難。原案では習主席の国賓訪日について「中止を要請する」としていたが、中国との関係が深い二階俊博幹事長が異論を唱え、党の総意と受け取られないよう修正された。

 一方、同党の岸田文雄政調会長は同日、中国の孔鉉佑(コンシュワンユー)駐日大使と党本部で会談した。出席者によると、決議についても議論となり、岸田氏は党内の厳しい雰囲気を伝えたという。尖閣諸島を含む東シナ海問題でも意見を交わし、「対話が重要」との認識で一致した。