[PR]

 安倍晋三首相は8日夜、首相官邸で記者団の取材に応じ、前法相で衆院議員の河井克行氏=自民党を離党=と妻で参院議員の案里氏=同=が公職選挙法違反(買収)の罪で東京地検特捜部に起訴されたことについて「誠に残念。法務大臣に任命した者として責任を痛感するとともに、国民の皆さんに改めておわび申し上げたい」と述べた。そのうえで、「より一層緊張感をもって政権運営にあたる」とした。

 河井夫妻は昨年の参院選をめぐり、票の取りまとめを依頼する趣旨で地元議員らに現金計約2900万円を配ったなどとされる。案里氏はこの選挙で広島選挙区(改選数2)に自民党から立候補し、初当選した。

 首相はこの日、参院選で自民党本部が河井夫妻の陣営に1億5千万円を資金提供したことについて記者団から問われ、「政治資金の運用については厳格なルールのもとに運用されていると承知している。党として説明責任を果たしていかなければならない」と語るにとどめた。