[PR]

 さいたま市は8日、同市大宮区の大宮南銀座商店街(通称、南銀)にあるホストクラブ1店の男性従業員10人を含む計22人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このホストクラブでは今月1日にも20代従業員の感染が確認されており、感染者は20~40代の計11人となった。市はクラスター(感染者集団)と判断した。

 埼玉県では8日、計48人の感染が確認され、5月25日の緊急事態宣言の解除後、1日あたりで最も多い人数となった。

 さいたま市で発表日ベースで22人の感染者が出るのは、緊急事態宣言中も含め最多。市はクラスターが発生した場合、感染リスクがある客を把握するため、店名の公表を原則としているが、「店には客のリストがある」といい、店名を公表しなかった。

 その一方で、南銀にあるホストクラブ「URBANITY CLUB E.S」は6日、公式ツイッターで従業員が新型コロナウイルスに感染したことを公表し、「お客様と従業員の安全を最大限配慮し当面の間臨時休業」としている。

 ホストクラブについては1日に感染が判明した20代の従業員が当初、市の調査に「無職」と話していたが、3日にホストクラブの従業員であることを明かしたため、残る全従業員18人中17人をPCR検査にかけたところ、7~8日かけて10人の陽性が判明した。

 南銀では6月下旬以降、キャバクラ4店で28人の感染者が出ている。中には従業員と客合わせて20人が感染した店もあった。こうした状況から市は7日、南銀とその周辺に約100軒あるとされるキャバクラとホストクラブの全従業員を対象に、早ければ今週末から無料でPCRを実施することを決めたばかりだった。(森治文)

【動画】増え続ける新型コロナウイルスの新規感染者。クラスターが懸念されている