[PR]

 埼玉県内で8日、新型コロナウイルスの感染者が48人発表された。前日の27人から急増し、緊急事態宣言解除後、40人台となるのは初めて。さいたま市のホストクラブでは11人の感染が確認され、同市がクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。県内で確認された感染者は延べ1340人となった。

 内訳は、県とさいたま市の発表がそれぞれ22人、越谷市が2人、川口市と川越市がそれぞれ1人。

 さいたま市の発表のうち10人は、同市大宮区の大宮南銀座商店街(通称、南銀)にあるホストクラブ1店の男性従業員。同クラブでは今月1日にも20代従業員が感染しており感染者は20~40代の計11人で、市はクラスターと判断した。

 市はクラスターが発生した場合、感染リスクがある客の把握のため、店名公表を原則としているが、同クラブには「客のリストがある」として、市は公表を拒んでいる。

 一方で、南銀にあるホストクラブ「URBANITY CLUB E.S」は6日にすでに、公式ツイッターで従業員が新型コロナウイルスに感染したことを公表したうえで、「お客様と従業員の安全を最大限配慮し当面の間臨時休業」としている。

 同市で発表日ベースで22人の感染者が出るのは緊急事態宣言中も含め最も多い人数となった。

 ホストクラブについては1日に感染が判明した20代の従業員が当初、市の調査に「無職」と話していたが、3日に同クラブの従業員であることを明かしたため、残る全従業員18人中17人をPCR検査にかけたところ、7~8日にかけて10人の陽性が判明した。

 一方、市の聞き取りに対し、同クラブは会員制で客は約30人とし、店側からの連絡で5人が検査を受ける手配が済んだという。

 このほかの感染者は10代から50代までの学生、飲食業従業員や会社員の男女ら。越谷市でクラスターが発生したキャバクラ「クラブアテナ」の従業員の20代の男女2人が含まれる。

 南銀では6月下旬以降、従業員と客合わせて20人が感染した店などキャバクラ4店で28人の感染者が出ている。こうした状況から市は7日、南銀とその周辺に約100軒あるとされるキャバクラとホストクラブの全従業員を対象に、早ければ今週末から無料でPCRを実施することを決めたばかりだった。

 県の発表は、さいたま市に在住する警視庁の20代男性機動隊員や、草加市の40代無職女性、三郷市の60代無職女性らで、症状はいずれも安定しているという。年代では、50~60代の感染者が目立つようになってきており、県は「『夜の街』の若い人たちから別の人たちに感染が広がっている可能性がある。2~3日注視する必要がある」としている。

 川口市は市内に住む30代の無職女性の感染を発表、これとは別にそごう川口店は地下1階の食品売り場に勤務する女性従業員が感染したことを発表した。同店のHPなどによると、最後に勤務したのは5日。6日にPCR検査を受けた。8日午後2時から臨時休業して全館の消毒作業を行い、9日からは通常営業を再開するという。

 越谷市の発表は30代男性会社員と娘の未就学児の2人で、会社員は、知人に陽性者がいたという。川越市の発表は市内に住む20代の飲食店従業員の女性。

 市によると、女性は2日に東京都内で知人と食事して以降、基本的に自宅にいたが4日に37・7度を発熱。6日に市内の医療機関で診察を受け、検体を採取した。20代の男性同居人がいるといい、市がPCR検査を手配している。