拡大する写真・図版トヨタ自動車の元町工場。毎週金曜日は非稼働日が続いてきたが、7月からは稼働日に戻り、従業員が次々に出社していた=2020年7月3日午前5時50分、愛知県豊田市

[PR]

 トヨタ自動車の国内生産が急ピッチで回復の動きをみせている。新型コロナウイルスの感染拡大前の計画に対し、8月以降は9割を超す水準まで戻す見通しだ。世界中で需要が蒸発し、生産もストップ。リーマン・ショック後より「深い谷」になるとした危機のまっただ中から約3カ月。トヨタを支える足元で、起こっていたこととは。

 7月3日、トヨタの国内工場は久しぶりに、いつもの金曜日を迎えていた。週休3日が続いた6月から一転、この日から稼働日になった。ハイブリッド車のプリウスなどをつくる堤工場(愛知県豊田市)では午前6時前、出勤する従業員が列をつくった。同じころ、高級ブランド・レクサスなどを手がける元町工場(同)でもトラックがひんぱんに出入りしていた。男性従業員は「これから忙しくなる」と話し、足早に工場に向かった。

拡大する写真・図版トヨタ自動車の堤工場。毎週金曜日は非稼働日が続いてきたが、7月からは稼働日に戻り、従業員や部品を運ぶトラックが次々と工場内に入っていった=2020年7月3日午前5時37分、愛知県豊田市、石塚大樹撮影

 新型コロナは、前年まで世界で1千万台の車を売り、売上高30兆円を超えていたトップメーカーのトヨタも直撃した。つい3カ月ほど前は、中国から始まった需要の蒸発が、欧州や米国、日本へと世界の主要市場に連鎖した。

リーマンよりも「深い谷」

 「コロナ・ショックは(12年前の)リーマン・ショックよりもインパクトははるかに大きい」。豊田章男社長は5月、決算発表のウェブ会見でこう言い切った。

拡大する写真・図版決算説明会のウェブ会見で語るトヨタ自動車の豊田章男社長=2020年5月12日

 20年度のグループの世界販売見通しは890万台。1045万台だった前年から15%減り、リーマン後に11%減だった減少幅を上回る。国内生産の半数以上は輸出に振り向けるため、海外の動向に大きく左右される。実際この4~6月は、コロナ前の計画より国内で約3割減、海外で約4割減と大規模な減産を余儀なくされた。

記事後半で逆風のなか、「カイゼン」や攻めの投資に打って出る、部品メーカーの動きを描いています。

 それが7月の国内生産は計画の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら