[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)=棋王、王将とあわせ三冠=に挑戦している第91期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第3局は9日、東京都千代田区の都市センターホテルで指され、渡辺棋聖が勝って対戦成績を1勝2敗とした。藤井七段の初タイトル獲得は持ち越された。第4局は16日、大阪市福島区の関西将棋会館で指される。

 対局は藤井七段の先手番で9日午前9時に始まり、角換わり腰掛け銀の最新形で午前中から激しい戦いになった。午後になってすぐに終盤戦に突入し、渡辺棋聖が攻め勝った。

拡大する写真・図版第91期棋聖戦の第3局で2手目を指す渡辺明棋聖。右は藤井聡太七段=2020年7月9日午前9時1分、東京都千代田区の都市センターホテル、迫和義撮影

 カド番をしのいだ渡辺棋聖は、竜王を通算11期、棋王を連続8期などタイトルを計25期獲得し、「永世竜王」「永世棋王」の永世称号を持つトップ棋士だ。名人戦の挑戦権を争うA級順位戦では、9戦全勝で挑戦権を獲得し、現在、豊島将之名人(30)に挑戦している。

 藤井七段はあと1勝すれば初タイトルを獲得し、1990年に屋敷伸之九段(48)が作った18歳6カ月のタイトル獲得最年少記録を更新する。(村上耕司)

両者のコメント

渡辺棋聖「作戦が当たった」

 第91期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第3局の対局終了後、勝った渡辺明棋聖(36)=棋王、王将とあわせ三冠=と、敗れた藤井聡太七段(17)がインタビューに応じ、対局について語った。

 渡辺明棋聖「(藤井七段の角換わり腰掛け銀は)一応、予想の本命でした。午前中は想定の範囲でやっていた。その後は、対応も広く、変化も多いので。ちょっと指しやすいと思っていたんですが、終盤読んでない手がいっぱいあった。取りあえず、一つしのぐことができたので、依然としてカド番ですけれど、この勢いで来週また頑張れればいいかなと思います」

 「作戦が当たったところはある…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら