記録されなかった少年の死 堺を焼いた大空襲の新事実

有料会員記事

武田肇
[PR]

 堺市で1860人が死亡したとされる1945年7月の大空襲の直後、不発弾の処理中に亡くなった少年の存在を研究者が確認した。「命の重さに変わりはない」。その氏名は大阪国際平和センター(ピースおおさか、大阪市中央区)の死没者名簿に加えられた。大空襲から10日で75年になる。

 南忠雄さん(当時17)。堺市踞尾(つくの)本町(現在の同市西区津久野町)に住んでいた。水上飛行機のフロート(浮き具)を作る大阪アルミニューム製作所(日本軽金属のグループ会社、エヌティーシーの前身)の工場に父と一緒に勤務していた。

 弟の節雄さん(85)による…

この記事は有料会員記事です。残り964文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら