[PR]

 ホームレスの人たちが路上で販売する雑誌「ビッグイシュー日本版」が、新型コロナウイルスの影響で始めた緊急通信販売に、9千件を超える申し込みがあった。収益から63人の雑誌販売者に15万円ずつ分配でき、街頭から人影が消えた期間の暮らしを支えたという。発行元は第2弾の通信販売を決め、ホームページ(https://www.bigissue.jp/別ウインドウで開きます)で申し込みの受け付けを始めている。

 「4月の終わりごろには1日に3冊とか5冊しか売れず、この先どうなるのかと思いました」。東京・有楽町の歩道に立つビッグイシュー販売者、島田肇さん(49)は振り返った。

 4月に緊急事態宣言が出るまで…

この記事は有料会員記事です。残り1532文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1532文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1532文字有料会員になると続きをお読みいただけます。