[PR]

 SNSで知り合った女子高校生を数週間にわたって連れ回し、みだらな行為をしたとして、大阪府警は9日、住居不定の無職、酒谷卓宏(さかたにたかひろ)容疑者(21)を未成年者誘拐と児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで8日に逮捕したと発表した。酒谷容疑者は容疑を認め、女子高校生は「携帯電話を取り上げられ、暴力を振るわれていた」と話しているという。

 生野署によると、酒谷容疑者はSNSを通じて3月中旬に知り合った府内の女子高校生(16)を未成年と知りながら誘い出し、同月下旬から4月15日までの間、千葉、東京、愛知、大阪などのホテルやネットカフェを転々としながら、みだらな行為をした疑いがある。

 両親が行方不明者届を出し、府警が捜査。4月15日に大阪市中央区の量販店に女子高校生が1人でいるところを捜査員が見つけ、保護した。酒谷容疑者は千葉市内で逮捕された。