拡大する写真・図版サザンオールスターズの無観客公演。桑田佳祐はハイテンションで何度もシャウトを繰り返した(写真はリハーサル)=岸田哲平氏撮影

[PR]

 コロナ禍で音楽業界が苦しむ中、サザンオールスターズが先月、〝聖地〟とされる横浜アリーナを舞台に配信ライブを行った。音楽評論家の小倉エージ氏に寄稿してもらった。

     ◇

 サザンオールスターズがデビュー42周年記念日の6月25日に実施した、有料配信による無観客ライブ「サザンオールスターズ特別ライブ2020『Keep Smilin’~皆さん、ありがとうございます!!~』」は大きな反響を呼んだ。

拡大する写真・図版サザンオールスターズの無観客公演リハーサル。空っぽの客席をステージのまばゆい光が照らす=岸田哲平氏撮影

 チケット購入者は約18万人、推定視聴者は約50万人とされる。その視聴者総数からすれば、通常のサザンの横浜アリーナ公演のステージ設定で、ライブが38回実施されたのに匹敵する。

 幕開けの「YOU」からサザンの演奏はダイナミック。ことに桑田佳祐のワイルドなシャウト、力強い歌声のインパクトは圧倒的だった。以後、1980年代の曲が並んでいたのが印象深い。

 そして桑田の情感豊かな歌唱が…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら