[PR]

 ロシアの元外交官から報酬を得る目的でソフトバンクの営業秘密を不正に入手したとして、不正競争防止法違反の罪に問われた元社員の荒木豊被告(48)に対し、東京地裁は9日、懲役2年執行猶予4年、罰金80万円(求刑懲役2年、罰金100万円)の有罪判決を言い渡した。赤松亨太裁判官は「依頼に応えて報酬を得ており、動機に酌むべき事情はない」と述べた。

 元外交官は在日ロシア通商代表部のアントン・カリニン元代表代理(52)で、警視庁はスパイ活動をしていたとみて不正競争防止法違反教唆の疑いで書類送検。東京地検は2日、出国して再入国の見込みがないため不起訴とした。

 判決によると、荒木被告は昨年2~3月、パソコン画面に表示させた会社の営業秘密をデジタルカメラで撮影。SDカードに複製し、不正に取得した。(根津弥)