[PR]

 群馬県南西部の地層から見つかった化石2点が、シャチやイルカの一部の祖先にあたるマイルカ科の新種であると、同県立自然史博物館が発表した。地層の年代から、約1130万年前に生息していた種と推定され、マイルカ科の化石としては世界最古という。研究論文が7日、米学術誌のオンライン版に掲載された。

 発見したのは、同県安中市の中島一(はじめ)さん(68)。

 子どもの頃から自然が好きで、…

この記事は有料会員記事です。残り574文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り574文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り574文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら