[PR]

 タイでココナツの収穫にサルを使っているのは動物虐待にあたるとして、収穫の様子を捉えた動画を動物愛護団体が発表したところ、主要な輸出先の英国で販売中止が相次ぐなど波紋が広がっている。輸出への影響を抑えたいタイ政府は「虐待ではない」と火消しに躍起だ。

 動画は米国の愛護団体「PETA」がタイの複数のヤシ園を訪ねて撮ったもので、7月初めにSNSなどで公表した。首輪の付いたサルが木に登ってココナツを落とそうとしたり、狭いオリの中で暴れたりする様子が映っている。PETAは、密猟後に調教されたサルが1日に最大1千個の収穫を強いられていると主張し、不買を呼びかけている。

 英BBCは、動物虐待の指摘を重く見た英大手スーパーが、相次いで関連製品の販売停止を決めたと伝えた。タイの業界団体などは「トリュフの収穫に豚を使うのと同じ」「サルは大切な家族」と反発している。

 タイのジュリン商務相はメディ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら