[PR]

 公職選挙法違反の罪で8日に起訴された前法相で衆院議員の河井克行被告と、妻で参院議員の案里被告について、一夜明けた9日も安倍政権幹部の説明が十分に果たされない状況が続いた。

 安倍晋三首相は夫妻が起訴された8日、「国民の皆さまに党として、説明責任を果たしていかなければならない」と語った。菅義偉官房長官は9日の記者会見で、首相発言の真意について「総理は自民党総裁でもあるので、そのように発言されたと思う」と説明。「今後、党として何らかの対応を取るのか」と問われると、「政府の立場で申し上げることは控える」と述べるにとどめた。

 一方、自民党の二階俊博幹事長は9日、大雨で河川が決壊した鹿児島県伊佐市で被害状況を視察後、記者団の取材に応じた。二階氏は災害関連の質問には答えていたが、記者団が河井夫妻に関する質問を切り出したところ、側近の林幹雄幹事長代理が「災害の話にしてほしい」として制止した。案里議員は自民党を離党したが、特別会員として離党前と同様、二階派に属している。

 共産党の志位和夫委員長は同日の記者会見で、参院選で党本部から案里議員側に1億5千万円の選挙資金の提供があったことを指摘。「責任を痛感すると首相は言うが、痛感していればいいという段階ではない。首相自身が問われている」として、首相出席の予算委員会集中審議を開くよう要求した。だが、衆院予算委員会の自民党理事は「司法の場に移っていて(集中審議は)難しい」としており、野党の求めには応じない構えだ。(安倍龍太郎、河合達郎)