[PR]

 世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選の立候補受け付けが8日締め切られ、8人が届け出た。現職のアゼベド事務局長が退任する8月末までに、急ピッチで選考を進める。機能不全に陥っている紛争処理手続きの立て直しなどを担う人材を選ぶ。

拡大する写真・図版スイスのジュネーブにある世界貿易機関(WTO)本部=ロイター

 届け出順に、メキシコ、ナイジェリア、エジプト、モルドバ、韓国、ケニア、サウジアラビア、英国から立候補があった。

 これまで事務局長を出していないアフリカからの選出や、初の女性事務局長を望む声もある。8人のうちナイジェリアのヌコジ・オコンジョイウェアラ元財務相と韓国の兪明希(ユミョンヒ)・通商交渉本部長、ケニアのアミナ・モハメド元外務貿易相の3候補が女性だ。

 WTOによると、8人は今月1…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら