[PR]

 いま話題の人物の「生の表情」や旬の出来事の裏側は――。そんな好奇心に応える「時代を掴(つか)むトークライブ くるま座」が、松江市である。大手出版社で活躍した元雑誌編集者が、長年東京で築いた人脈を駆使し、講師を招く。

 仕掛け人は、松江観光協会の観光プロデューサー、羽田(はだ)昭彦さん(62)。松江市出身で、大学を卒業後、文芸春秋に入社。「週刊文春」や「文芸春秋」の副編集長などを務め、昨年4月に観光プロデューサーに就任した。

 今年3月に開いた「くるま座」初回の講師は松江市出身の銀座のクラブママ。その後、新型コロナウイルスで延期を余儀なくされたが、今月から再開する。

 7月22日午後6時半から、講…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース