[PR]

 東京都大田区のマンションの自宅で6月、居酒屋従業員梯(かけはし)沙希容疑者(24)が長女稀華(のあ)ちゃん(3)を放置し、飢餓と脱水で死なせたとされる事件で、稀華ちゃんが法定の3歳児健診を予定された昨年末に受けないままになっていたことが捜査関係者への取材でわかった。区の担当者が2回母子に接触を試みたが、連絡がつかなかったという。

 警視庁は、梯容疑者が以前から外出を繰り返していたため育児放棄の発覚を恐れた可能性もあるとみて経緯を調べている。同庁は9日、梯容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で送検した。

 捜査1課などによると、梯容疑者は6月5~13日、稀華ちゃんを1人自宅に放置し、知人男性の住む鹿児島県を訪れていたという。それまでもパチンコや飲み会にたびたび出かけており、5月8~11日にも同県に滞在していたという。

 3歳児健診は心身や言語の発達…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら