[PR]

 米国のビーガン国務副長官が9日、2日間の日程で来日した。新型コロナウイルスの感染拡大で入国拒否措置をとる国から初めての要人受け入れで、日本政府高官との会談でも感染防止に細心の注意を払う。政府は今回のケースを要人往来のモデルとしたい考えだ。

 ビーガン氏は7日から韓国を訪問していた。9日夕に米軍横田基地(東京都)に到着し、PCR検査を受け、陰性であることを確認した後、在日米国大使館が用意した車で移動。米政府関係者によると、同氏は米国出国時や韓国入国時にも検査で陰性を確認したという。

 ビーガン氏は9日夜、東京都港区の飯倉公館で、秋葉剛男外務事務次官と夕食会に臨んだ。記者団に公開される出迎えでは、両氏は握手はせず、互いのひじを合わせる「ひじタッチ」であいさつ。距離を取って記念撮影に応じた。

 会食でも、配膳係との接触を減らすため、コース料理にはせず、事前に食事をテーブルに並べた。会話による飛沫(ひまつ)を防ぐため、マイクを使う徹底ぶりだ。

 ビーガン氏は10日に茂木敏充外相や河野太郎防衛相を表敬訪問するが、移動を減らすために飯倉公館で会う。外務省幹部は「ビーガン氏の靴の裏は非常に限られた場所にしか付かない仕組み」と話す。

 日本政府は米国に対して入国拒否の措置をとるが、ビーガン氏の来日には、政府がベトナムなどとの往来再開に向けて示した防疫措置の条件を特別に適用した。外務省幹部は「ビーガン氏の受け入れを機に対面外交再開につなげたい」と話す。