[PR]

ごはんラボ のりあえ

拡大する写真・図版アボカドののりあえ(左)と、鶏ササミとエノキののり酢あえ=合田昌弘撮影

 海に囲まれた日本では、豊富な海藻を工夫して食べてきました。なかでも「うまみの素材」といえば昆布、そして今回のテーマの「のり」です。

 おにぎりのように何かを巻いたり、細かくしてふりかけたりと主役をもり立て、黒色は視覚的にも料理を引き締めます。磯の香りを生かした「のりあえ」は日本料理の定番です。夏向きに「アボカドののりあえ」と「鶏ササミとエノキののり酢あえ」を作ります。

 衣の味つけは、だしで割った甘みひかえめのしょうゆ味で、のりを浸して軟らかになってから材料とあえるのがポイントです。アボカドにはワサビ、鶏ササミの方は酢を加え、食欲をそそるアクセントにします。小鉢にこんもり盛り付けると、見た目もよそ行きです。

 もう一品は「のりのつくだ煮」。うっかり湿気たのりも、おいしくよみがえります。濃い味にしない分、冷蔵庫で保存して、早めに食べきってください。(編集委員・長沢美津子)

のりあえ

監修:渡辺あきこ

【基本のあえ衣】材料(2人前)

□ 焼きのり 1/2枚 

□ だし汁 大さじ2

□ しょうゆ 小さじ2

□ みりん 小さじ1

【作り方】

①分量は1品分。のりは1cm角に手でちぎる。ボウルにだし汁、しょうゆ、みりんを合わせてのりを浸す。

拡大する写真・図版のりを細かくちぎる時は、紙の上で作業すると大きさもわかりやすく、飛び散らず、その後の移動にも便利

※少量のだしを手軽にとるなら、削り節の小袋1/2袋(1.5g)と水100mlを鍋で沸かすか、電子レンジ(600W)に1分30秒かける。

アボカドののりあえ

材料(2人前)

□ アボカド 1個

□ 基本のあえ衣

□ 練りワサビ 小さじ1/4

拡大する写真・図版アボカドののりあえ=合田昌弘撮影

【作り方】

①基本のあえ衣を作る。ワサビを溶いて混ぜる。

②アボカドは縦にぐるりと切り込…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら