拡大する写真・図版男子形のグランプリに選ばれ、演武を披露する熊谷拓也さん

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で中止になった全国高校総体に代わり、空手の「形」の全国大会がオンラインで開かれた。「高校3年生に晴れ舞台を」と、急きょ大会を創設。男女の優勝者が決まり、文部科学省で10日、文部科学大臣杯が授与された。

拡大する写真・図版女子「形」でグランプリに選ばれ、演武を披露する堀場早耶さん

 名づけて「全国高校空手道 形インターネットGP(グランプリ)」。大会は気合の発声を含めた「形」の動画をそれぞれの選手側が作り、その動画で、審判員が審査する。鳥取を除く46都道府県から183校、男女378人の高校3年生が参加。学校に空手部がなく、都道府県高体連に加盟していない選手にも間口を広げた。他競技では、新体操男子が同様のオンライン大会を実施する予定で、高校総体に代わるこうした全国大会は初めてとみられる。

「形なら密を避けて大会」

 ヒントは、同様にオンラインでコンクールを開いていた合唱だった。「相手と対戦する『組手』は難しいが、1人で仮想の敵と戦う『形』なら密を避けて大会ができるのではないか」。4月に高校総体中止が決まった直後から、全国高体連空手道専門部が動き出し、実現した。

拡大する写真・図版女子形のグランプリに選ばれた堀場早耶さん

 東京オリンピック(五輪)で空…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら