[PR]

 九州北部や東海で11日にかけ、非常に激しい雨が降ると予想されている。気象庁によると熊本県では多いところで1時間に70ミリ、福岡、佐賀、長崎、大分の各県で60ミリ、岐阜県で50ミリと「滝のように降る」とされる降水量が見込まれている。

 梅雨前線は10日早朝の時点で、日本海を通って東北に延びている。12日にかけてゆっくり南下するほか、前線上に低気圧も発生。大気の状態が非常に不安定な状態となる。気象庁は、12日以降も西日本から東北にかけての広い範囲で大雨が続く恐れがあるとして、土砂災害や河川の氾濫(はんらん)に厳重な警戒を呼びかけている。

 11日午前6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、九州北部300ミリ、四国250ミリ、東海と九州南部150ミリ、関東甲信と中国120ミリ、北陸100ミリ、東北と近畿80ミリ。 12日午前6時までの48時間では多いところで、四国と九州北部300~400ミリ、東海250~350ミリ、九州南部200~300ミリ、関東甲信と近畿、中国150~250ミリ、東北100~200ミリ、北陸100~150ミリの見込み。

 熊本県によると、人吉市で心肺停止の状態で見つかった1人の死亡が確認された。(山岸玲)